Long Vowels

長母音

先日テレビを見ていたら、漢字の読み仮名をタイプ入力する漢字ゲームにデーブ・スペクターさんが出ていました。彼の日本語力に興味があったので、楽しみにして見ていました。スペクターさんへの1問目は「妥協」。これなら簡単と思いきや、彼は読み仮名を「だきょ」と入力してしまいました。当然不正解なのですが、困ったことに本人はどこが間違っているのかが全く分かりません。しばらく「なんで?」と首を傾げていましたが、正解を目で見て初めて納得したようでした。
あのデーブ・スペクターさんさえ間違えた長母音。日本語学習者には相当手ごわいようです。しかも本人が気付いていないのが面倒なところ。私の夫も、昔は、知っている単語をパソコンで打ってもうまく変換できないことが多かったようです(今も少し・・・)。
「友だちと一緒(いっしょ)に旅行(りょこう)に行った」が、「友だちと一生(いっしょう)に良子(りょうこ)にいった」になってしまうなど、会話では自然に話せているようでも、書くとボロが出てしまうのです。母音だけの話ではありませんが、皆さんもこのような経験はありませんか。
長母音と短母音の発音があいまいだと、日本語も自然に聞こえません。逆に言うと、言葉を正しく覚えて長母音と短母音をマスターすれば自然な日本語に一歩近づけます。
「どうもありがとう」が「ドモアリガト」にならないように、「おはようございます」が「オハヨゴザイマス」にならないように、母音は正しく覚えましょう。

******************************
先日(せんじつ):the other day
読み仮名(よみがな):yomigana
入力する(にゅうりょくする):to enter
興味(きょうみ):interest
1問目(いちもんめ):first question
妥協(だきょう):compromise
~と思いきや(おもいきや):contrary to expectation
当然(とうぜん):naturally
不正解(ふせいかい):not correct
困ったことに(こまったことに):The trouble is that
本人(ほんにん):said person
全く(まったく):(not) at all
しばらく:for a while
首を傾げる(くびをかしげる):to tilt one’s head to one side
納得する(なっとくする):to fully understand
~さえ:even
長母音(ちょうぼいん):long vowel
相当(そうとう):quite a bit
手ごわい(てごわい):hard to deal with
しかも:and that
面倒(めんどう):bother
変換する(へんかんする):to convert
昔(むかし):long time ago
ボロが出る:weak point or failing becomes visible
経験(けいけん):experience
あいまい:ambiguous
逆(ぎゃく):reverse
一歩(いっぽ):one step

Download audio here.

An article

私が気になった記事

別に大したニュースでもないのですが、参考になる表現も多いので読んでみてください。
そばなのにパスタの食感、「そばスタ」好評
山形県西川町のそば店「大噴水」が、パスタ用の小麦粉にそば粉を混ぜ、めんを打った「そばスタ」を売り出した。めんの色は普通の田舎そばだが、食感はもっちりとしたパスタ風。そばどころで知られる山形でも、同町は人口7000人に対し、四十数軒のそば店がひしめく激戦地だ。「従来のそばの枠を広げたかった」と主人の阿部渉士(あべしょうじ)さん(51)。ソースと具に地元産の山菜をふんだんに使い、健康志向の女性に好評とか。ハシよりフォークを使う人が多いものの、阿部さんは「みなさん『ズズッ』と音を立ててすすっています」。

asahi.com 2006年6月4日6時3分
*******************
山形県西川町(やまがたけんにしかわまち):Nishikawa-machi, Yamagata Prefecture
大噴水(だいふんすい):literally means "great fountain." It’s a name of a soba
restaurant.
小麦粉(こむぎこ):wheat flour
そば粉(そばこ):buck wheat flour
混ぜる(まぜる):to mix
めんを打つ(うつ):to make noodles
売り出す(うりだす):to market, launch
田舎そば(いなかそば):country style soba (dark color, thick, simple)
食感(しょっかん):texture (eating)
もっちり:chewy, thick, heavy, rich, firm and therefore satisfying texture (like
moist brownie)
~風(ふう):-style
~どころ:a place that boasts – (そばどころ、米どころ)
軒(けん):measure word for houses and restaurants/cafes/cars
ひしめく:to crush (place)
激戦地(げきせんち):bloodiest battlefield
従来の(じゅうらいの):conventional
枠(わく):frame
主人(しゅじん):master
具(ぐ):filling, ingredients
地元(じもと):local
~産(さん):made in
山菜(さんさい):wild vegetables
ふんだんに:abundantly
~志向(しこう):-oriented
好評(こうひょう):received well, popular
~とか:(at the end of a sentence) some say
~ものの:while
音を立てる(おとをたてる):make noise
すする:to slurp

Download audio here.

Recent trend in coined terms

キモかわいい

少し前から若い人を中心に「エロかっこいい」や「キモかわいい」などという造語がはやっています。「エロかっこいい」はある女性歌手のキャッチフレーズで、「エロい」と「かっこいい」がくっついた言葉です。「キモかわいい」は「気持ち悪い」と「かわいい」からできた言葉で、アンガールズというお笑いコンビがその代表だそうです。
気持ち悪くてかわいいのか、気持ち悪いけどかわいいのか、正確な意味はわかりませんが、いずれも個性が強調される言葉ですね。わたしはアンガールズが好きではないので、あの二人がかわいいとはとても思えませんが・・・。
ほかにも「ダサい」を使った「ダサかっこいい」や「ダサかわいい」、「ブサイク」+「かわいい」で「ブサかわいい」や、同じく「ブサイク」+「イケてる」で「ブサイケ」もあります。
これらの造語が具体的にどんなものを指すのかは、主観が入るのでここでは説明しきれません。お知り合いの日本人にきいてください。きっとおもしろい会話ができることでしょう。

**********************
中心(ちゅうしん):center
造語(ぞうご):coined terms
歌手(かしゅ):singer
エロい:sexual, sexy
かっこいい:cool
お笑い(おわらい):comedy
代表(だいひょう):representative
いずれも:either way
個性(こせい):character, uniqueness
強調する(きょうちょうする):to emphasize
とても~ない:not possibly
ダサい:tacky, out of fashion, lame
ブサイク:ugly
イケてる:cool
指す(さす):to indicate, point
主観(しゅかん):subjectivity

Download audio here.

Pronouncing “R”

Rの発音

日本人はRとLの発音を混同することで有名ですが、一部の日本語学習者にとってはラリルレロの発音が難しいようです。「りんご」「論文」「連絡」など、ラ行で始まる言葉が特に発音しづらいということでした。ローマ字ではラ行にRを使いますが、これでは声に出すとあまり正確でないことがわかります。英語のRのようなぼんやりとした音でもなければ、スペイン語のように舌を巻いた音でもなく、ましてやフランス語のようにのどを使った音でもありません。ちなみに私の知っている人でラ行をLで発音している人がいました。確かにRよりもLのほうがはっきりと聞こえるし、どうせ日本人はRもLも区別できませんので(笑)、試行錯誤の末Lのほうが誤解が少ないという結論にでも至ったのでしょうか。
ラ行はRとDを混ぜたような音だと思います。そういえば私が少しだけ習ったヒンディー語には、レトロフレックスRといって、ちょうど同じような音がありました。ですから例えばアメリカで私が自分の名前を日本語の発音でそのまま「りえこ」と言うと、「ああ、ディエゴ」などとヘンに納得されることが多いのです。ディエゴって男性の名前ですよね・・・。
では少しだけ練習しましょう。
ラーメン、りんご、論文、連絡、レンタル、礼儀、留守
前回のNプラス母音の発音もそうですが、ラ行の発音ももしかしたらマイナーなポイントなのかもしれません。できなくても90点の発音はできるけれど、残り10点のためにいかにも「外国人」ぽく聞こえてしまうのはもったいないと思ったので、ここで指摘させていただきました。今後もより「ネイティブ」っぽく聞こえるコツを紹介していくつもりです。

******************************
混同する(こんどうする):to mix up
論文(ろんぶん):academic paper
連絡(れんらく):contact, communication
ラ行(らぎょう):ラリルレロの行
ぼんやりとした:blur
舌を巻く(したをまく):to roll one’s tongue
まして~ない:much less
試行錯誤(しこうさくご):trial and error
誤解(ごかい):misunderstanding
結論(けつろん):conclusion
至る(いたる):to reach
混ぜる(まぜる):to mix
納得する(なっとくする):to fully understand
礼儀(れいぎ):courtesy
留守(るす):absence from home
いかにも:indeed, really
~ぽい、ぽく:as if
もったいない:wasteful
指摘する(してきする):to point out
コツ:hang, trick

Download audio here.

Liaisons

リエゾン

日本語学習者と話していてときどき気になるのが無意識のリエゾン(音の連結)です。私の夫の場合、「範囲」が「ハニ」に聞こえ、「本屋」が「ホニャ」、「小泉純一郎」が「コイズミジュニチロウ」、「原因」にいたっては「下人」と聞き間違えてしまうほどです。ローマ字で書いたものを読んでそう聞こえるのならまだしも、漢字や読みがなを見ただけで、そこまで無意識にリエゾンしてしまうのが私にとっては不思議でなりません。
金田一春彦氏は『日本語』の中で、日本語にも大昔はリエゾンがあったことに触れながら、現代語では「因縁(いんねん)」(イン+エン)や「観音(かんのん)」(カン+オン)といった仏教用語など古来の言葉にリエゾンが残っている以外には、リエゾンはまれであると述べています。理由としては、文字の普及に伴い音よりも個々の漢字を正しく読むことが重視されるようになったことが挙げられています。

さて、夫の発音を改善するために少しトレーニングをしてみました。まずは音のイメージです。「ん」というとnを想像しがちですが、「ん」は次に来る音によってmになったりngになったりします。上記の例のように「ん」の後に母音が来るケースでは、鼻母音が正しいそうですが、意識しすぎて鼻声になっても具合が悪いですね。夫の場合は、nのときのように上あごに舌をつけないことと、漢字を別々に発音することででかなりの上達がみられました。ではみなさんもご一緒に。
「はんい(範囲)」「ほんや(本屋)」「じゅんいちろう(純一郎)」「げんいん(原因)」「はんえん(半円)」「あんうん(暗雲)」「ふんいき(雰囲気)」「れんあい(恋愛)」「パン屋さんでパンを買う」「100ドルは日本円で約1万円です」「日本を紹介する」

**********************
無意識(むいしき):subconscious
連結(れんけつ):liaison, consolidation
範囲(はんい):range
~にいたっては:when it comes to
下人(げにん):low-rank person
~ならまだしも:it’s still not too bad (rather better) but
大昔(おおむかし):ancient days
触れる(ふれる):to touch
現代語(げんだいご):modern language
因縁(いんねん):cause and effect (or connection), fate
観音(かんのん):Goddess of Mercy
仏教用語(ぶっきょうようご):Buddhist term
古来の(こらいの):ancient, old
まれ:rare
普及(ふきゅう):diffusion
~に伴い(ともない):along with
重視する(じゅうしする):to emphasize
さて:and now
改善する(かいぜんする):to make improvements
~しがち:tend to
~によって:depending on
上記の(じょうきの):written above
母音(ぼいん):vowels
鼻母音(びぼいん):nasal vowel
意識する(いしきする):to be conscious
鼻声(はなごえ):nasal voice
具合が悪い(ぐあいがわるい):something is wrong with (in this case)
上あご(うわあご):palate
上達する(じょうたつする):to get better
半円(はんえん):hemicycle
暗雲(あんうん):dark clouds
雰囲気(ふんいき):atmosphere
恋愛(れんあい):romance

Download audio here.